【ゆきやなぎ賞】大魔神所有ヴァルコス快勝 シュタルケ「直線長い競馬場が合っている」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

直線で抜け出し勝利したヴァルコス(左) (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神9R、3歳1勝クラスのゆきやなぎ賞は、元メジャーリーガー佐々木主浩オーナー所有馬ヴァルコス(牡=友道、父ノヴェリスト)が中団待機から直線、外から差し切った。

 シュタルケは「加速するのに少し時間がかかるので直線の長い競馬場が合っている。父ノヴェリストと同じで重い馬場も走れる」。生観戦で久々に愛馬が勝利したという佐々木オーナーは「このくらいの距離(2400メートル)でと思ってセリで買った馬。ホッとした」と笑顔を見せた。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月15日のニュース