無観客3週目、JRA日曜の売得金は前年比77・0% 阪神健闘も中山苦戦

[ 2020年3月15日 18:19 ]

アネモネSを制した石川裕紀人騎乗のインターミッション(左)。右手前は2着の藤井勘一郎騎乗のフィオリキアリ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 無観客競馬3週目となった日曜15日の3場(中山、阪神、中京)の売得金合計は254億7042万6700円で対前年比77・0%(ネット投票は同106・9%)。開催別では阪神の売得金が対前年比91・0%と健闘した半面、中山(昨年同日もメインはアネモネS)が同69・4%と減少。

 前日14日の売得金合計が同88・2%、ネット投票は同124・2%で、日曜は土曜に比べると苦戦した。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月15日のニュース