【サウジアラビア国際競走】ディアドラはモハメドユスフナギモーターズC惜しい2着

[ 2020年2月29日 22:29 ]

 サウジアラビアで行われたモハメドユスフナギモーターズC(芝2100メートル)に出走したディアドラ(牝6=橋田)は、小差の悔しい2着に終わった。道中は執ようなマークを受けながらも、直線で外へ持ち出してエンジン全開。内で粘るフォーザトップをねじ伏せたが、外から強襲したポートライオンズに敗れた。マーフィーは「よくシェイプアップされてパーフェクトな状態だった。いい感じで運べたが…」と悔しそうに振り返った。

 日英G1勝ちの実績でレーティングは最上位。馬券発売はないが、欧州ブックメーカーは断然人気に支持していた。ショック受けた様子だったのは橋田師も同じ。「まさかここで負けるとは…。軽い馬場なので前につける競馬は予定通り。うまくいったが、ちょっと足りなかったね」と肩を落とした。

 今年の最大目標は凱旋門賞。そこから逆算したローテーションで今後も海外を転戦予定だ。師は「いくつか選択肢があるので相手関係を見ながら決めたい。この後は馬のリズムを大切にしたいので、またニューマーケットに戻します」と話した。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月29日のニュース