四位が引退式「調教師としてウイナーズサークルに帰って来れるように頑張ります」

[ 2020年2月29日 17:41 ]

阪神競馬場での引退式で感謝の言葉を述べる四位洋文騎手(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 29日の阪神競馬終了後にウイナーズサークルで、四位洋文(47)騎手の引退式が行われた。

 この日から中央競馬は無観客で行われており、ファンの前での引退式とはならなかったが、四位は「たくさんの仲間たち、理解のあるオーナーさんや関係者、ファンの皆様のおかげでここまでこれました」と感謝。「騎手は引退しますが、これからは調教師としてウイナーズサークルに帰って来れるように頑張りますので、よろしくお願いします。長い間、ありがとうございました」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月29日のニュース