アーモンド、ドバイターフ連覇へ始動

[ 2020年2月29日 05:30 ]

2月28日から美浦トレセンで馬場入りを再開したアーモンドアイ(撮影・小田 哲也)
Photo By スポニチ

 27日に帰厩したアーモンドアイ(牝5=国枝)が連覇が懸かるドバイターフ(3月28日、メイダン)に向けて28日、美浦での調教を再開した。角馬場→Aコース(ダート)を力強くキャンター。国枝師は「見ての通り元気いっぱい。乗り手の感触も“変わらない”とのこと」と目を細めた。今後は「日曜(3月1日)に少しやって、4日にルメールを乗せて追い切る予定」。前走・有馬記念(9着)からの復権へ順風満帆だ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月29日のニュース