【浜田・東京本社ワンモアトライ】29日中京11R 連闘勝負コーカスの“独演会”

[ 2020年2月29日 08:00 ]

 世間一般には通用しない業界用語だが、何らかの協賛で会社名の入ったレースを「社杯」と称する。きょうは中京スポニチ賞が弊社にとっての「社杯」。やはり予想には気合が入るものだ。中京では大阪・新谷記者が参加しての予想&抽選会が行われる予定だったが、無観客競馬が決定し中止に。残念だがやむを得ない判断。冷静に粛々と馬券を買うのみだ。

 コーカスは先週の東京で出走し3着。最速タイの上がりを繰り出して伸びたものの、完全な前残りの流れに泣いた。東京から連闘で中京に向かうのは3走前と同じパターン。舞台も同じ芝10F。首差の2着に競り負けたが、勝ち馬とタイム差なしの1分58秒8は、翌週に同舞台で行われた中日新聞杯の勝ち時計より0秒4速い。コース適性は高く、好走パターン踏襲なら崩れるシーンは考えづらい。母の名は偶然にもトークショウ。イベント中止は無念だが、無人の競馬場に響くV蹄音に期待する。(9)から。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月29日のニュース