福永 引退の四位に花束「特別な先輩。僕が知る限り、最高のホースマン」

[ 2020年2月29日 17:51 ]

引退式で胴上げされる四位洋文騎手=中央(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 29日の阪神競馬終了後にウイナーズサークルで、四位洋文(47)騎手の引退式が行われた。

 日本騎手クラブ副会長として、四位に花束を贈呈した福永は「特別な先輩ですからね。デビュー前から一番、かわいがってもらいましたし、公私ともにお世話になりました。僕が知る限り、最高のホースマンだと思います。これからは調教師になられますが、同じ世界で一緒にいい馬づくりをしていけたら。29年間、日本の競馬界を引っ張ってくださったし、後輩としてその思いを引き継いでいきたいと思います」。

 ▼横山典弘 無事、終わったけど残念。本物のジョッキーがやめるのはつらい。思い出がたくさんありすぎるし、まだ実感がわかない。それでも今後も同じ職場にいるわけだから、また頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月29日のニュース