展開を読む【中山12R=ハイペース】

[ 2020年2月29日 05:30 ]

 内枠を利してワディアルヒタンが先手を奪う。グラスボイジャーが競りかけペースは上がる。コウギョウブライト、イナズママンボ、ショウナンガナドルは中団待機策。クーリュは最後方から直線に懸ける。ゴール前の決め手勝負は必至。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月29日のニュース