【中山新馬戦】ヘイルメリー完勝 木村師「高い能力がある」

[ 2020年2月29日 14:59 ]

 中山6R・新馬(2000メートル)は1番人気のヘイルメリー(牡=木村、父オルフェーヴル)が3番手から抜け出した。

 後続を3馬身半突き放す完勝ゴールに手綱を取った北村宏は「成長途上でモタれていたが、先頭に立ってからしっかり走ってくれた。これから変わる余地はたくさんある」と評価。

 木村師も「まだバリッとしていないのに勝てたのは良かった。性格は穏やかだし、高い能力がある」と語っていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月29日のニュース