【多摩川・G1ウェイキーC】売り上げダウン 前日比74・8%

[ 2020年2月29日 05:30 ]

無観客で行われたボートレース多摩川G1「ウエイキーカップ」最終日の水面とスタンド
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ボートレース多摩川のG1「ウェイキーカップ」は優勝戦が行われた最終日28日が無観客で実施された。

 西武多摩川線・競艇場前駅では、改札口からレース場への直通通路が封鎖され、無観客での実施を告知する貼り紙が貼られた。静まり返った場内に地元東京支部の石渡鉄兵(45)は「普段なら多くのファンでにぎわう優勝戦。歓声が上がらないのは違和感があったしやっぱり寂しい。大変な思いをしている方も多いと思いますが、早く元に戻ってほしい」と複雑な表情。

 28日の多摩川の舟券は電話、インターネット投票のみで発売され、売上額は7億1320万6000円。ボートレース場や外向発売所などでも発売した前日の27日は同9億5289万9800円で、対前日比74・8%に落ち込んだ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月29日のニュース