競輪、オートも27日から無観客で実施 場外売り場での発売は中止

[ 2020年2月27日 05:30 ]

コロナ禍レース界にも

新型コロナの影響で本場無観客での開催を知らせる正面張り紙(川崎競輪場正面入口)
Photo By スポニチ

 競輪、オートレースを統括するJKAは26日、27日から当面の間、無観客でレースを実施すると発表した。競輪、オートレース場の場外売り場での発売は中止。車券の発売は電話、インターネットのみで行われる。

 競輪、オートレースの各関係団体で構成する「新型コロナウイルス感染症対策本部」において、開催についての協議を実施。ファンの安全を最大限に考慮し、社会全体の感染拡大リスクを抑えることが求められている現状を踏まえ、今回の決定に至った。今後については事態の推移を見守りつつ、引き続き検討し決定する。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月27日のニュース