勇退調教師を囲む会 作田師と山内師が感無量の面持ち

[ 2020年2月27日 20:37 ]

花束を贈られて笑顔の作田師(左)と山内師
Photo By スポニチ

 70歳の定年により、3月3日付で引退する関西所属の調教師、作田誠二師と山内研二師を送る会が27日、滋賀県草津市内のホテルで催された。

 「勇退調教師を囲む懇親会」と銘打たれて約100人が出席。弟子の藤岡佑から花束を受け取った作田師は「出席された調教師の皆さんとはいい関係を築いてこられたし、こういう会を開いていただけて嬉しく思います」と感無量の面持ち。また、山内師も「引退が近付き、テレビや新聞の取材でてんてこまいです」と苦笑いを浮かべつつ、「こうやって集まっていただけて、とても嬉しいです」と喜んだ。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年2月27日のニュース