【中山記念】インディ ラスト加速3馬身先着「タイム、動き、ともに良かった」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

福永祐一騎手を背に坂路併せ馬で追い切るインディチャンプ(左はジョニーズララバイ)
Photo By 提供写真

 昨年の最優秀短距離馬インディチャンプの追い切りは坂路でジョニーズララバイ(4歳1勝クラス)を1馬身ほど追走する形。引っ張りきりのままコーナーで並びかけると、ラスト1Fから突き放して3馬身先着した。最後で軽く促した程度で4F51秒5~1F12秒2なら、時計も文句なし。感触を確かめた福永は「タイム、動き、ともに良かったです。(同じく休み明けの)毎日王冠(3着)の時に比べて太めもない。当時よりも負荷をかけてるし、休み明けとしては十分な仕上がりで挑めると思います」と手応えを示した。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年2月27日のニュース