【中山記念】ライラック 楽々2馬身先着!初鞍上ミルコも好感触

[ 2020年2月27日 05:30 ]

<中山記念>デムーロ騎手を背に併せ馬で追い切るラッキーライラック(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 昨年暮れの香港ヴァーズ2着以来となるラッキーライラックは初コンビのM・デムーロを背にCWコースで6F81秒7~1F12秒3。4馬身先行したダンスディライト(4歳2勝クラス)を楽に捉えて2馬身先着した。鞍上は「状態は良さそう。3~4コーナーでは自分から動いていきましたよ」と笑み。松永幹師も「去年(2着)は休み明けって感じだったけど、今回は前走から間もそう空いていないから、いい状態で出せます」と好感触だった。 中山記念

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年2月27日のニュース