大井競馬 27日から無観客で実施 佐賀&名古屋も…ばんえいは次開催から

[ 2020年2月27日 05:30 ]

コロナ禍レース界にも

 TCK特別区競馬組合(大井競馬場)は26日、27日の大井4日目、28日の同5日目開催を無観客競馬で実施すると発表した。大井本場や大井競馬専用場外発売所での発売は中止する。3月14日までは他場開催を含め、電話・インターネット投票だけで馬券を発売するとした。

 3月15日から同19日まで予定されている第19回大井競馬(昼間開催)については今後、改めて詳細を発表するとしている。なお、19年1~12月の全国地方競馬売得金における電話・インターネット投票の占有比率は75・4%(南関東4競馬場では70・1%)。

 その他の地方競馬の対応は以下の通り。北海道帯広市主催のばんえい十勝は29日~3月2日、3月6~8日の開催を無観客で行い、直営場外発売所での発売も実施しない。インターネットでの発売のみ。ホッカイドウ競馬も同様に場外発売所での発売・払い戻しを取りやめる。

 佐賀県競馬組合は27日から当面の間、愛知県競馬組合は27、28日および3月10~13日の名古屋競馬の開催を無観客で行うとそれぞれ発表した。

 兵庫県競馬組合は27日の園田5日目の開催は通常通り実施し、来週以降の開催については未定。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月27日のニュース