【天皇賞・秋1週前追い】友道厩舎2頭、指揮官も納得

[ 2019年10月18日 05:30 ]

CWコースで併せて追い切るワグネリアン(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 3頭出しの友道厩舎は2頭が1週前追い。新潟記念勝ちから中7週のユーキャンスマイル(牡4)はCWコースで2頭を追走。外ヒュッゲ(2歳未勝利)に頭差、真ん中のアドマイヤポラリス(3歳1勝クラス)に半馬身差先着した。友道師は「稽古で動かないタイプだが、この馬なりに動いた。左回りが合っている」と期待した。札幌記念4着以来のワグネリアン(牡4)はCWコースでトリコロールブルー(5歳オープン)に3馬身先着。1F12秒1としっかりまとめた。友道師は「追いだしてモタモタする面はあったが、このひと追いで良くなりそう」と納得の表情だった。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月18日のニュース