【菊花賞】(5)ワールドプレミア「いいところ」 (15)ホウオウサーベル「内枠が理想だったが…」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

森林を歩くホウオウサーベル (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3枠5番に決まったワールドプレミアの大江助手は「いいところ。この枠なら出たなりで周りを見ながら、リズム良く競馬ができそう」と納得の表情。また、外の奇数枠7枠15番となったホウオウサーベルの奥村武師は「内枠が理想だったが、こればかりは仕方ない。3000メートルあるし、蛯名騎手にうまくフォローしてもらいたい」と鞍上の手綱さばきに一任する。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月18日のニュース