【菊花賞】(2)デイジー福の内 ルメールも後押し

[ 2019年10月18日 05:30 ]

ルメールを背に追い切ったニシノデイジー (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 “福は内”だ。午後2時すぎ、ニシノデイジーの枠順が1枠2番に決まったことを確認すると高木師は静かにうなずいた。「外は嫌だなと思っていたので内枠はいい。馬の状態はいいので道中をできるだけロスなく運べれば結果につながると思う」。冷静な口ぶりからも手応えがにじみ出た。

 勝負事には運も必要。菊花賞は「内枠有利」が定説だ。事実、近10年で1、2枠が3勝ずつと断然。3000メートルの長丁場だけに外枠でも道中の運び方次第で挽回できる…と考えがちだが、やはりスタート後すぐに経済コースを確保できる内枠のメリットは限りなく大きい。前走のセントライト記念(5着)では3角から大外を回って伸び切れなかっただけにコース取り次第で一変する可能性を秘める。

 陣営は3冠最終戦で新たにルメールを鞍上に配し勝負に出た。菊花賞連覇に挑む名手は追い切り騎乗後に「前走と前々走は後ろの位置だったが、できればもう少し前のポジションを取りたい。でも、長距離戦はリラックスさせて冷静に走らせることが大事。スタートから押して行きたくない」。レースのイメージを膨らませており、自然な形で好位置を取りやすい1枠は文句なしの絶好枠といえるだろう。

 デイジー自身も最後の勝利となっている昨年11月の東スポ杯2歳Sが同じ1枠2番。まさに“吉兆枠”だ。高木師は「(最終追い切りでも)リズム良く走れていたし精神面に成長を感じる。レースでも前に馬を置けば折り合えると思う。スタミナはある馬だから」と淀の3000メートル攻略に自信を見せる。弥生賞で1番人気に支持されたスケールの大きさを持ちながら、春は皐月賞17着、ダービー5着と結果を残せなかった。雪辱へ。逆襲のデイジーが菊の大輪を咲かせる。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月18日のニュース