【菊花賞】(18)メイショウテンゲン 上積みに手応え

[ 2019年10月18日 05:30 ]

池添謙一騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るメイショウテンゲン(左)
Photo By 提供写真

 メイショウテンゲンは2週連続で池添がまたがった。CWコースでメイショウワダイコ(7歳オープン)と併せ、内から力強く伸びて首差先着。池添は「先週もしっかりやっているし、しまいサッと。前回よりも良くなっている」と上積みを感じ取った。「ムキになって行かないし距離は大丈夫。時計がかかってほしい」と下り坂の予報を歓迎した。枠は大外18番。池添兼師は「ゲートが苦手なので最後に入れるのは好材料。出遅れてモマれるくらいなら外枠の方がいい」と話した。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月18日のニュース