【天皇賞・秋1週前追い】追ってひと言

[ 2019年10月18日 05:30 ]

 アルアイン(池江師)ラストはバタバタになったが休み明けだし、強い調教をやりたかった。コース形態は小回りの方がいいが距離は2000メートルがベスト。

 カデナ(中竹師)カイバ食いがめちゃくちゃ良くて過去最高といえる出来。展開次第の脚質だが、しまいは確実に伸びてくる。

 ケイアイノーテック(平田師)叩いた上積みはある。前々の競馬を試して駄目だったし、本来のじっくり構える競馬で改めて。

 ゴーフォザサミット(藤沢和師)レースを使って来ているし順調。2000メートルに短縮して持ち味が生きれば。

 スティッフェリオ(音無師)順調。東京に替わってどうかだが好位から脚を使う競馬ができれば。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月18日のニュース