【天皇賞・秋1週前追い】ダノンプレミアム 直線瞬時に反応

[ 2019年10月18日 05:30 ]

Wコースで併せて追い切るダノンプレミアム(左) (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ダノンプレミアム(牡4=中内田)は川田を背にCWコースで3頭併せ。直線は内に入り、瞬時に反応したがボンディマンシュ(3歳1勝クラス)に首差遅れてフィニッシュした。時計は6F81秒9~1F11秒9。猿橋助手は「相手も動く馬だったし時計的には十分走れている。やるごとに良くなっていくタイプ。今日やったことでどれだけ良くなるかだ」と順調ぶりを口にした。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月18日のニュース