【前橋・寛仁親王牌】8着浅井 勝負の競輪祭に「戦える手応えは出てきた」

[ 2019年10月16日 05:30 ]

 清水後位のもつれを見つつ、最終ホーム6番手に陣取った浅井は、3番手の清水が踏む前に2コーナーすぎから仕掛けるも、3コーナーで浮かされてしまい万事休す。「掛かっている中で無理やり仕掛けたので。ドームであのタイミングでは乗り越えられない」と8着敗退。この時点で賞金枠での自力出場はほぼ消滅。9年連続のグランプリ出場へは、競輪祭連覇が必須条件となったが「開催中にどんどん感触が良くなって、戦える手応えは出てきた」と臨戦態勢は整ってきた様子。「競輪祭で頑張ります」と前橋を後にした。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月16日のニュース