【菊花賞】ジェニアル80点 ひと夏越して張り増してきた

[ 2019年10月16日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<菊花賞>全体に張りが増してきたレッドジェニアル
Photo By スポニチ

 ひと夏越しての成長を最も感じさせるのがレッド。ダービー時には「尾を上げているし、牡馬ならもっと腹袋と胸の深さが欲しい」と注文をつけました。まさか記事を読んだわけではないでしょうが、ひと夏かけて自ら修正してきました。ふっくらとした腹袋。腹ばかりか、全体に張りが増してきました。尾は自然に垂らし、平常心で立っています。胸の深さはひと夏で変わるものではありませんが、それ以外は注文に応えてくれた。心身共に成長がうかがえます。遊びのない馬体のつくり。3000メートル向きとは言えませんが、成長力で乗り切ってほしい。 菊花賞

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月16日のニュース