【菊花賞・追い切り】ワールドプレミア坂路で単走 友道師「時計も指示通り、うまくいった」

[ 2019年10月16日 17:26 ]

坂路で追いきるワールドプレミア

 京都競馬場で20日に開催されるG1「第80回菊花賞」の最終追い切りが行われ、ワールドプレミア(牡3=友道)は坂路で4F54秒4~ラスト1F12秒7をマーク。友道師は「間隔も詰まっているし、先週はジョッキーを乗せてしっかりやっている。今日はしまいを伸ばすだけで、時計も指示通り、うまくいった」と話した。菊花賞歴代最多4勝を挙げる武豊が騎乗する。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月16日のニュース