【菊花賞】ヒシゲッコウ75点 身も心も若すぎる…

[ 2019年10月16日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<菊花賞>若駒のような顔つきのヒシゲッコウ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ヒシゲッコウは身も心も若すぎます。牧場から初めてトレセンにやってきた若駒のような顔つき。競走馬の厳しさがない。目も幼い。キャリアを積みながらプロの顔をつくっていくはずです。腹は立派ですが、筋肉のボリュームもこれから増やしていくのでしょう。トモを落としたような立ち姿。トモの付き方の問題でしょう。こういうトモは使い減りしやすいのでレース間隔を空けたローテーションには好感がもてる。上がりの競馬よりも平均ペースのレースが合う後肢のつくり。平均に流れる菊花賞は向いています。 菊花賞

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月16日のニュース