【菊花賞】ニシノデイジー75点 見応えある筋肉量

[ 2019年10月16日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<菊花賞>見応えある筋肉量のニシノデイジー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 筋肉量を競うボディービルコンテストがあれば、ニシノデイジーは今メンバー中トップ。肩や首を分厚い筋肉が覆っています。ダービー時よりも首が短く映るほど増量しました。体の切れよりもパワーを前面に押し出した体つき。長距離向きとは思えない筋肉量ですが、道悪なら力を発揮できるでしょう。 菊花賞

 口角が浅いのでハミに工夫が必要かもしれませんが、立ち馬ではごく自然にハミを取っています。尻尾を巻いているのは後方から吹きつける風のせいでしょう。安定した精神状態がうかがえる立ち姿です。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月16日のニュース