【スプリンターズS1週前追い】タワーオブロンドン順調 藤沢和師「すっきり」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

坂路調教を行うタワーオブロンドン (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 セントウルSを制したタワーオブロンドン(牡4=藤沢和)は坂路でゆったりと脚を伸ばした。藤沢和師は「使い込んでいるが疲れは見られない。大きな体を持て余す面がなくなったし今までで一番すっきりと見せている」と好感触。「キーンランドC(2着)を経験して1200メートルのレースが分かってきたんじゃないか。中山は坂があるから(札幌のキーンランドSより)競馬はしやすい」。サマースプリント王者がG1ウイナーに輝くか。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年9月20日のニュース