【神戸新聞杯】好調ジェニアルが2強脅かす

[ 2019年9月20日 05:30 ]

坂路を駆け上がるレッドジェニアル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・栗東=19日】1~3着馬に菊花賞の優先出走権が与えられる神戸新聞杯。大方の予想通り、岡崎もサートゥルナーリアとヴェロックスで「2枠」が埋まると考える。賞金的に本番のゲートインが確定していない馬は「残り1枠」を狙うわけだが、そこに立ちはだかるのがレッドジェニアルだ。春に京都新聞杯を制しているので“ここ勝負”の立場ではない。それでも意外に?入念に乗り込まれている。最終追いは坂路単走で最後に軽く仕掛ける程度。調教担当の中塚助手の感触がいい。

 「先々週、先週と2週連続で自己ベストを出した。それでも、やればもっと出たはず。今週はそこまでやるつもりではなかったし、時計(4F56秒4)もイメージ通り。今のいい状態で、このメンバーでどれだけやれるのか楽しみ」

 ダービーは0秒8差8着。ただ、上がり3F34秒2は最速だったサートゥルナーリア(34秒1)と遜色ない。しかも、スタートで出遅れていた。今回はゲートの駐立練習も重ねている。五分に出れば残り1枠どころか、2強に割って入るシーンまでありそうだ。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年9月20日のニュース