ウイニングチケットとの接触当面禁止 たてがみ切り取りから一夜

[ 2019年9月20日 05:30 ]

 北海道浦河町の観光宿泊施設「うらかわ優駿ビレッジAERU(アエル)」で、93年の日本ダービーを制したウイニングチケット(セン29)のたてがみが切り取られたことが発覚してから一夜明けた19日、同施設では一般ファンの見学を継続した。ただ、これまで許可されていたニンジンなどの餌やりや馬に触れることは当面禁止とした。今後は監視カメラ、二重柵の設置などセキュリティー強化対策を検討している。太田篤志マネジャーはフェイスブックで「しばらくは息苦しさがあるかと思いますが、お客さまも馬たちも平穏な日々が戻る日を楽しみに、過ごしていただけたら」と発信した。 

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月20日のニュース