【愛チャンピオンS】ディアドラ4着 史上初牝馬海外G1・2勝目ならず…

[ 2019年9月15日 05:30 ]

<愛チャンピオンS>4着に終わり引き揚げるディアドラ(撮影・平松 さとし)
Photo By スポニチ

 愛G1「アイリッシュチャンピオンS」(芝2000メートル)が14日(日本時間15日未明)、レパーズタウン競馬場で行われ、日本調教馬として初めて愛国のG1に参戦したディアドラ(牝5=橋田)は4着。英G1ナッソーSに続くG1連勝はならなかった。勝ったのは断然1番人気を背負った地元のマジカル(牝4=A・オブライエン)だった。

 海外G1連勝はならなかった。ディアドラはマーフィーを背に8頭立ての6番ゲートからスタート。道中は後方2番手を追走。直線では大外に持ち出された。「重圧はあるけど、日本のファンの皆さんをもう一度ハッピーにしたい」。24歳の若武者の懸命のムチに応えて鋭い末脚で追い込んだが、先に抜け出したマジカルははるか前。4着に上がるのが精いっぱいだった。

 17年秋華賞を制したディアドラ。翌18年ドバイターフ(3着)で海外初挑戦。その後は国内のG1レースには使わない異色のローテーションで海外へ。今年に入ってからはドバイ→香港→英国→愛国と転戦。これが通算7度目の海外G1参戦だった。前走・ナッソーSでは善戦続きにピリオドを打つ差し切りV。勢いに乗って臨んだ一戦だったが、日本調教馬史上6頭目、牝馬では初となる海外G12勝目はならなかった。

 日本調教馬として初の愛国G1出走となったディアドラの果敢な挑戦に、主催者側が“日本の競馬ファンもレースを見られるように”と約2時間発走時間を早める異例の対応。海外G1連勝の快挙こそならなかったが、チーム・ディアドラの蹄跡は確かにアイリッシュチャンピオンSの歴史に刻まれた。

 ▼マーフィー 馬の状態は良かった。厩舎サイドにはいい仕事をしてもらったが直線では申し訳なかった。ベストを尽くしたつもりだったが…。馬はよく走ってくれた。

 ▼橋田師 馬は元気だった。4コーナーを回って内が空かなかった。外に切り返した分、遅れてしまった。空けば良かったが…。上がってきても馬は問題なかった。負けはしたが、いい勝負をしている。この結果を基に次を考えたい。今回は少し足りなかったが通用する感触はつかめた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年9月15日のニュース