【中山4R新馬戦】アポロニケ競り合い制す 木幡巧「ギアが上がった」

[ 2019年9月15日 12:36 ]

中山4R新馬戦 競り勝った木幡巧也騎乗のアポロニケ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山4R新馬戦(芝1200メートル)は、好ダッシュから先行した1番人気アポロニケ(牝=岩戸、父アポロキングダム)が直線の競り合いを制してデビュー勝ちを飾った。

 騎乗した木幡巧は「調教の動きが良かったので、強気に乗ってもやれると思った。外からかぶされて、きつい展開になったが、最後にもう一つギアが上がった。新馬としては時計も優秀だし、今後が楽しみ」とレース内容を高く評価。今後について岩戸師は「状態と気持ちを見ながらだが、徐々に距離を延ばしてもいいかな」と語った。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月15日のニュース