【野路菊S】マイラプソディ 5馬身差の圧勝!クラシック候補に名乗り

[ 2019年9月15日 05:30 ]

阪神9R・野路菊Sをマイラプソディ(牡=友道)で制した武豊(右)はレース後、凱旋門賞連覇トレヴを管理したC・ヘッド元調教師(右から2番目)と記念撮影
Photo By スポニチ

 2歳オープンの阪神9R・野路菊Sは断然人気のマイラプソディ(牡=友道、父ハーツクライ)が5馬身差圧勝でデビュー2連勝を飾った。5頭立ての中団から上がり3F33秒4の末脚を繰り出してV。武豊は「スタートは相変わらず遅いけど、道中の走りは良かったので余裕をもって追いだした。奇麗に反応してくれたね」と高揚感に満ちた表情で回顧した。

 口取りにはトレヴで凱旋門賞を2連覇したC・ヘッド元調教師の姿も。真っ先に武豊に駆け寄ると「この馬で来年のダービーを獲れるんじゃない」と告げて抱擁した。次走は未定だが、クラシック候補に名乗り出たのは間違いない。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月15日のニュース