【阪神新馬戦】エールヴィオレ差し切り決めた 浜中「新馬向き」

[ 2019年6月16日 13:55 ]

<阪神5R>外から鮮やかに差すエールヴィオレ(左)=撮影・平嶋 理子
Photo By スポニチ

 阪神5R、芝マイルの新馬戦は7番人気のエールヴィオレ(牝=武英、父タートルボウル)が中団追走から差し切りを決めた。

 浜中は「性格も真面目で、新馬向きだった。少しテンションが高くなりそうな雰囲気があるので、(今後)イレ込み過ぎないように成長してくれれば」と話した。武英師は「カッとする面があるので、新馬で勝ってくれて良かった。今後は中京2歳S(7月20日)を視野に入れます」と笑顔で語った。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2019年6月16日のニュース