JRA禁止薬物問題が売り上げにも影響 函館スプリントSは前年比62・9%

[ 2019年6月16日 16:52 ]

 16日の函館メイン、函館スプリントSの売得金は27億2416万6700円で対前年比62・9%と大幅にダウンした。

 禁止薬物テオブロミンを含む飼料添加物「グリーンカル」を摂取した可能性あるとして、1番人気が予想されたダノンスマッシュなど6頭が競走除外。当初の13頭立てから7頭立てになった。少頭数になったことも、売り上げに大きく響いた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月16日のニュース