【安田記念】2番人気ダノンプレミアム、16着最下位…ゴール後に下馬

[ 2019年6月2日 18:08 ]

<安田記念>ゴール直後に川田騎手が下馬したダノンプレミアム(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 単勝3・2倍。「2強」として2番人気に支持されたダノンプレミアムもアーモンドアイ同様、スタート直後の不利に泣いた。ロジクライの斜行のあおりを受け、スタート直後はズルッと後方へ…。何とか立て直して、3コーナーで11番手に追い上げたが、好位差しがVパターンのプレミアムに酷だった。最後は川田が愛馬をいたわるように流して、最下位16着。ゴール後は鞍上・川田が下馬して、場内に悲鳴も起きた。

 レース後、プレミアムは東京競馬場内の馬診療所に向かった。管理する中内田師は「ゲートを出た後、邪魔をされてしまいました。きょうはそれが全てです」と沈痛の表情。川田は「馬が無事であれば一番と思いますし、期待してくれた方には申し訳ないです」と報道陣に応対した。検査の結果、プレミアムは「異常なし」とJRA広報を通して発表され、大事には至らなかった。ただ、朝日杯FS以来のG1・2勝目を懸けた夢が、不完全燃焼で閉ざされたのはあまりに切ない。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年6月2日のニュース