【安田記念】(14)アーモンドアイ 脚取り威風堂々

[ 2019年6月2日 05:30 ]

競馬面安田記念出走の関東馬アーモンドアイは午前7時2分、東京競馬場に到着した(撮影・小田 哲也)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイは昨秋ジャパンCと同様で土曜輸送。午前7時2分に東京競馬場に到着した。報道陣に動じることもなく、堂々とした脚取りで馬房に入った。根岸助手は「馬運車の中も落ち着いていて、いつもと変わらない雰囲気。暑さには強くて、この時季はカイバをよく食べて筋肉もついてくる」と話した。午前と午後の2回、厩舎周りの引き運動も行った。「東京は広いし、直線も長いので末脚勝負のこの馬には向いている。枠(14番)も内で包まれるよりは良かったと思う」とG1・6連勝が懸かる愛馬を信頼していた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年6月2日のニュース