【安田記念】9着ロジクライ、発走後に内側に斜行 武豊「申し訳ないです」

[ 2019年6月2日 18:45 ]

<安田記念>スタート直後に大きく斜行した武豊騎手騎乗ののロジクライ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 9着ロジクライは発走後内側に斜行したため、ダノンプレミアム、アーモンドアイ、ペルシアンナイト、ロードクエストの進路が狭くなった。この件について、JRAはロジクライが内側に逃避したことが主因であると認め、同馬は発走調教再審査となった。

 騎乗した武豊は8日(開催日1日間)が騎乗停止となった。レース後、武豊は「1歩目はまっすぐ出たが、その後に物見して内によれて…。3、4頭に迷惑をかけた。申し訳ないです」と沈痛の面持ちだった。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年6月2日のニュース