【ヴィクトリアM】傾向と対策

[ 2019年5月11日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆年齢 4歳馬が5勝、2着7回でともにトップ。5歳馬が3勝で続く。6、7歳馬はそれぞれ1勝ずつ。

 ☆臨戦過程 前走1着だった馬は意外にも未勝利。6着以下だった馬が5勝、2着5回と波乱を演出している。阪神牝馬S組が最多の4勝。

 ☆東西 関西馬が8勝と断然リード。現在も6連勝中。

 ☆人気 1番人気は【3・3・0・4】と安定。一方で6番人気以下の激走が多く、4勝、2着6回、3着6回と16頭が馬券に絡んだ。

 結論 ◎ラッキーライラック ○アマルフィコースト ▲レッドオルガ 

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年5月11日のニュース