【京都ハイジャンプ】関東馬の戴冠は初 シゲルヒノクニ8番人気大駆け

[ 2019年5月11日 15:28 ]

 京都8Rの障害重賞、京都ハイジャンプは、8番人気シゲルヒノクニ(牡=粕谷、父パイロ)が快勝した。断然の1番人気タマモプラネットが2番手以下を大きく引き離す逃げ。その流れでも植野とヒノクニは中団で折り合いに専念。ラスト7号障害をクリアするとタマモとの距離を縮めて2番手に浮上。直線は迫るピエナクルーズとの叩き合いから最後はグッとひと伸びしてゴール板を通過した。

 植野は「距離は長い方がよかった。3段飛びもうまくクリアしてくれた。長く休んでいたが、大きいところを狙えると思います」と喜びを爆発させた。開業12年目で初重賞制覇を達成した粕谷師は「冷静に乗ってくれました。途中からいいところまで来てくれると思っていましたが、勝ってびっくりしました。今後はオーナーと相談して決めます」と終始笑みが絶えなかった。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年5月11日のニュース