【梅ちゃん先生 特別編】11日京都11R サンマルティンで勝負

[ 2019年5月11日 08:00 ]

 都大路Sはサンマルティンを狙う。昨年の同レースでは最後方から豪快に追い込んでエアアンセム(2着)に1馬身3/4差の圧勝だった。その後の3戦は流れが向かずに着外を繰り返しているが、調子落ちは感じられない。

 今回は4カ月ぶりに出走になるが、過去の休み明けは【3107】の鉄砲巧者。昨年の都大路Sも半年の休養明けだった。調教量は当時よりも今回のほうが豊富。負担重量は昨年から1キロ増(58キロ)になるが500キロ前後の馬格からこなせるはずだ。

 京都コースはこのレースを含めて2戦2勝。3、4角の下りでスムーズに加速できる。コース形態が合っているのだろう。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年5月11日のニュース