【ヴィクトリアM】(9)プリモシーン マイルで本領発揮だ

[ 2019年5月11日 05:30 ]

 プリモシーンは坂路で調整。1F18秒0で入り、徐々に加速してラストは16秒0と軽快に締めた(全体は4F67秒9)。「追い切りの動きも良かったし、その後も順調に来ている」と木村師。枠は真ん中の9番に決定。「枠に関しては決まったところで頑張るしかない」とした。昨夏の関屋記念では3歳で古馬を撃破。重賞2勝を含む【3・2・0・3】とベストのマイル戦で悲願G1を狙う。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年5月11日のニュース