展開を読む【都大路S=スローペース】

[ 2019年5月11日 05:30 ]

 休み明けを叩いたサトノフェイバーが逃げるか。エイシンティンクルも発馬次第では逃げ十分。どちらが行っても流れは落ち着く。ソーグリッタリング、テリトーリアルは中団付近だが、前の組の粘り込みに警戒したい流れ。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年5月11日のニュース