アーモンド帰厩 国枝師手応え「体つきがシャープに」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

安田記念に向けてノーザンファーム天栄から美浦トレセンに帰厩したアーモンドアイ 
Photo By スポニチ

 安田記念(6月2日、東京)に出走するアーモンドアイ(牝4=国枝)が放牧先の福島・ノーザンファーム天栄から美浦トレセンに帰厩した。3月のドバイターフ制覇後は約1カ月の検疫、着地検査を挟んで静養。美浦に戻るのはドバイに向けて出国した3月20日以来となる。馬体を確認した国枝師は「ドバイからそれほど空いた訳ではないし、気温も高いので前回の帰厩時より体つきがシャープ。調教しながらこの体を維持していけば大丈夫」と語った。15日に2週前追いを行う予定。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月11日のニュース