【日本ダービー】皐月上位3頭サートゥル、ヴェロックス、キングリーが主役

[ 2019年4月15日 05:30 ]

 【ダービーを占う】タイム差なしのデッドヒートを繰り広げた上位3頭がダービーでも主役候補。ぶっつけで勝ったサートゥルナーリアは状態をさらに上げてくる。2着ヴェロックスは距離延長がプラスに出そう。最後まで食い下がった勝負根性で逆転を狙う。離れた内を突いて伸びたダノンキングリーも力負けはしていない。この3頭が抜けている印象だが、後方から追い込んだ6着タガノディアマンテ、8着アドマイヤジャスタもダービー向きか。別路線組では毎日杯2着ウーリリなどが出走予定の青葉賞勝ち馬に注目。過去10年で3頭が馬券に絡んでおり、軽視は禁物だ。右前肢の捻挫で皐月賞を回避したエメラルファイトの末脚も強烈。万全の状態で出走できるかが好走への鍵になる。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース