ヘイセイラスト“最後”飾れず…中山5Rで失速8着

[ 2019年4月15日 05:30 ]

<中山5R>8着でゴールする藤岡佑介騎手の乗るヘイセイラスト(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 平成最後の開催日を迎えた中山で5R・3歳500万下に出走したヘイセイラスト(牝=羽月)は8着に終わった。スタートを決め、道中2番手から4角先頭と見せ場をつくったが最後は脚が上がった。藤岡佑は「好位からいい競馬ができたが最後は踏ん張りきれなかった」と悔しがった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース