【皐月賞】ノーザンF“事実上”の提示版独占!吉田代表も満足げ

[ 2019年4月15日 05:30 ]

<皐月賞>レースを制したサートゥルナーリアと騎乗したクリストフ・ルメール騎手(左から2人目)(撮影・郡司 修)                          
Photo By スポニチ

 ノーザンファームは生産馬が1、2、4、5着し、3着ダノンキングリーも育成を担当。事実上の掲示板“独占”に吉田勝己代表は「勝った馬は凄いし、2着ヴェロックスも強い。毎年レベルアップしているね」と満足そう。サートゥルナーリアの母シーザリオの子は2歳のキングカメハメハ牝駒が須貝厩舎に入厩予定で、1歳は父モーリスの牡馬が育成中。昨年は不受胎。今年は2月17日にロードカナロアを種付けして受胎が確認されている。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース