【皐月賞】川田無念…ヴェロックス2着「ダービーで逆転を」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

<皐月賞>2着のヴェロックス(左端)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 直線残り100メートルの攻防が明暗を分けた。先に抜け出したヴェロックスに外からサートゥルナーリアが襲いかかる。馬体が接触。ヴェロックスは内へはじかれる形でバランスを崩したが、瞬時に立て直して食い下がる。わずかに頭差及ばなかったが最内ダノンキングリーの強襲はしのぎ、2着を死守した。

 パトロール映像を確認した川田は悔しさを押し殺し、淡々と振り返った。「自分の競馬はできたし馬も全力で走ってくれた。強い勝ち馬相手に差を詰めることはできましたから」。審議対象にもなったシーンには一切触れず、愛馬をねぎらい、勝ち馬を称えた。

 敗れはしたが能力は十分に示した。鞍上の心は、すでに次へと向いている。「ダービーで逆転できるように。これからの時間を大事に過ごしていきたい」。川田は雪辱を誓った。敗軍の将は兵を語らず。中内田師は報道陣の前に姿を見せず、競馬場を後にした。ダービーまで約1カ月。陣営は静かにリベンジの時をうかがう。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース