【皐月賞】キングリー3着惜敗…4戦目で土「一瞬近づいたが」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

<皐月賞>惜しくも3着のダノンキングリー(手前)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 関東の総大将として3番人気ダノンキングリーは懸命に力を振り絞った。好位4番手のインでジッと折り合う。直線は迷いなく最内へ。先頭に出る勢いだったが最後の最後に関西馬2頭に屈した。頭+鼻差の3着惜敗。4戦目で初めて土がついた。

 昨年(エポカドーロ)に続く皐月賞連覇が夢と消えた戸崎。「調子も良く、道中もスムーズ。一生懸命になりやすい馬だが我慢も利いていた。上位2頭に一瞬近づいたが…」と唇をかんだ。

 一方で、萩原師は「(直線は)脚を使っているし、イメージした感じの競馬でした」と振り返った。初めての2000メートルにも機敏に対応した。指揮官は「放牧を挟むかも含め、次走はオーナー(ダノックス)と相談してになりますが、ダービーに行くことになると思う」。09年ロジユニヴァース以来のダービー制覇を見据え、逆襲の意思を示した。舞台の東京は前走・共同通信杯(1着)で3F32秒9の鬼脚を駆使したベスト舞台。逆転戴冠あるのみだ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース