【皐月賞】キャロットF クラシック完全制覇!ダービーへ向け秋田代表もホッ

[ 2019年4月15日 05:30 ]

皐月賞を制したC・ルメール騎手(左)とサートゥルナーリア(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 馬主のキャロットファームは皐月賞初V。これでクラシック完全制覇となった。秋田博章代表は「ダービーに向け、仕上げ過ぎないようにやってきた。この体つきと結果なら、まずまずでしょう」とホッとした表情。当然、次走は2冠が懸かるダービーだが、同代表は凱旋門賞への登録も明言。「母シーザリオも米オークス(1着)に行ったし、3歳での海外遠征も視野に入れている。もちろんダービーの内容次第だし、2000メートルくらいが最もいいのかもしれないが、選択肢は広げておきたいので」と目を輝かせた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース