【中山8R】17年に落馬骨折…吉田豊 491日ぶり勝利「歓声ありがたい」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

<中山8R>1着のハーグリーブスと今季初勝利の吉田豊騎手(左から2人目)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 17年12月9日の中山競馬で落馬し、頸椎(けいつい)骨折で長期間、戦列を離れた吉田豊(43)が中山8R・袖ケ浦特別をハーグリーブス(牡4=尾関)でV。3月2日に復帰してから40戦目、491日ぶりとなる勝利を決めた。ファンや関係者から祝福され、検量室前では尾形充弘元調教師と熱い抱擁。「休みが長かったのでうれしい。歓声はありがたい」と満面の笑みを浮かべ「勝てない焦りはそこまでなかった。体は大丈夫」と全開をアピールした。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース